事業計画書の作成

本来、事業計画書はその方向性を明確にすることを目的に作るものだが、在留資格においても非常に重要な書類のひとつとなります。在留資格『投資・経営』を取得するための審査基準の1つにその事業の安定性・継続性が求められており、新規で事業を始めるためには、それを立証する事業計画書が必要となってくるのであります。
当事務所ではオリジナルのヒアリングシートを使って、お客様の計画をじっくりと聞かせていただき入国管理局へ申請するため、また、お取引先などへの説明資料として使えるために事業計画書を作成させていただいております。

当事務所のオリジナルヒアリングシート

在留資格取得ヒアリングシート

現状の把握
まずはお客様のビジネスを取り巻く現状を把握していただき、分析の結果、それに対する戦略等を考える。

ゴールの明確化
現状を把握するために収集した情報を元に、最終的なゴールとなるビジネスのアイデアをまとめていく。

ビジネスモデルのまとめ
どうやって収益を上げていくかを5W1H(誰に・何を・どこで・どのように・いつ…)の観点でまとめる。

サービス価格の設定
サービスの価格を設定していき、どのくらいの売上が確保できるかをイメージして、売上高の目標を考える。

売上高の目標
サービスごとの年間売上高を算出して、年間の売上高の目標を詳細に記載していく。

収支計画書の作成
ここまで作成した計画や算出した数字を元に、現実的な収支計画書を作成する。



Copyright © 2017 福岡外国人ビザ申請サポートセンター Fukuoka visa application support center All Rights Reserved.
Translate »